有名競馬騎手〜加賀武見〜

競馬騎手〜加賀武見とは〜

加賀武見は生年月日1937年9月8日の出身地が青森県、所属団体は日本中央競馬会 (JRA)の騎手でした。馬産地でもある青森県に生まれたことから、騎手を目指すことになりましたが一度は断念して青森牧場で勤務をしていました。

しかし、馬に慣れ親しんだ生い立ちから再度厩舎に入り1960年にデビューをすることになったのです。

競馬騎手〜加賀武見の活躍〜

23歳での新人としてのデビューは当時としても遅いものでしたが、新人ながら58勝を挙げる好スタートを切りました。

身長や体重は騎手として平均的なものでしたが、闘将と呼ばれるように勝利に対する執念は他の騎手を圧倒していてとにかく勝ちに行く姿勢が魅力の騎手だったのです。

この勝ちに行く姿勢がはっきりと現れたのが、第10回の有馬記念のことであり伝説的な名馬であるシンザンをどのようにして打ち倒すか考えた結果、馬場の悪い内側を通らせることを思いついたのです。

そして、シンザンに合わせて外の進路を塞いだのですがシンザンは更に外に行き外ラチ一杯まで膨らむこととなったのです。
加賀の作戦は上手く行きませんでしたが、並の馬であれば外ラチ一杯まで追いやられてしまえば直線の短い中山では万事休すといったところですが、シンザンはそれを物ともせずに勝利をおさめることになりました。

これは誰もが予想しないレース展開であり、闘将である加賀武見と最強の名をほしいままにしていたシンザンと意地と意地とのぶつかり合いとなっていて加賀武見の象徴的なエピソードのひとつとなっています。

このように負けたレースであっても勝利に対する執念から名前を残しているのが加賀武見であり、日本の競馬試乗に置いても非常に重要性の高い騎手の一人となっています。

このようにたくさんの騎手が活躍する競馬ですが、競馬予想をする上で馬と騎手の関係性を知っておくことは大変重要な項目になってきます。初心者の方はこの関係性をつかめずに多くの方が負けていると言っても過言ではありません、そんな時、役に立つ競馬予想サイトの評価は重要になってきます。私のオススメの競馬予想サイト評価も参考の一つにしてみてください。

有名競馬騎手〜岩田康誠〜

競馬騎手〜岩田康誠とは〜

岩田康誠騎手は、現在の所属団体はJRAですが以前は園田競馬場でジョッキーをしていたことでも有名です。

競馬騎手〜岩田康誠の生い立ち〜

出身地は兵庫県の姫路市で、生年月日は1974年3月12日です。
身長160cm、体重50kgの体格です。
彼の生い立ちを語る上で、園田競馬での成績を外すことはできません。

競馬騎手〜岩田康誠の活躍〜

2000年には初めてリーディングジョッキーとなり、その後何度も園田のトップとしてリーディングに輝いていました。JRAへ移籍するまでの間、地方競馬では2941勝と言う戦績を残しています。地方所属時代である2004年にはデルタブルースでJRAの菊花賞を制覇するなどの経歴も持っています。地方所属騎手がJRAのG1競走を勝利したのはこれが初めてのことです。

2006年にはJRAへの移籍を果たし、その後も地方時代と同様の活躍を見せています。当時はJRA移籍に当たってペーパーテストが免除される特例があり、彼もその特例を利用して移籍をしています。

競馬騎手〜岩田康誠の現在〜

現在もトップジョッキーの一員として、リーディング上位の成績を残しています。
ジェンティルドンナやロードカナロアなどの主戦ジョッキーとしても有名であり、その他にも数々の名馬に跨ってきました。

JRA移籍を果たした2006年にはオーストラリアのメルボルンカップへ出走し、勝利しています。メルボルンカップの日本馬の初勝利を飾っています。

また2012年にはダービーでディープブリランテを勝利に導き、ダービージョッキーとしての称号も得ています。

競馬予想の上でも欠かすことができない人物ですが、好不調の波が激しいことが特徴として挙げられます。元地方ジョッキーであるが故にダートのイメージも強くある騎手ですが、芝ダートを問わず好走歴があります。

有名競馬騎手〜松永幹夫〜

競馬騎手〜松永幹夫とは〜

1000勝以上している騎手が調教師に転身し活躍しているケースは稀ですが、その両方でG1を勝っている数少ない人物が松永幹夫氏です。松永幹夫氏といえば、そのルックスと優しい人柄から「ミッキー」の愛称で多くの女性ファンを獲得し、予想において馬券には女性票が半数以上などといった逸話が残るほどです。このように騎手時代にはアイドル的な人気を博したことは記憶に新しいところです。

競馬騎手〜松永幹夫の生い立ちと活躍〜

そんな松永幹夫氏の生い立ちは、生年月日は1967年4月10日で、出身地は熊本県です。身長は162センチ、体重は49キロで、1986年に所属団体であるJRA栗東山本正司厩舎からデビューします。同年最多勝利新人騎手になるなど早くから頭角を現し、1991年のオークスでイソノルーブルに騎乗し念願のG1制覇を成し遂げます。

その後も牝馬限定競争での活躍などから「牝馬の松永」という異名を取ります。引退までにG1で6勝全てが牝馬によるもので、なおさらその異名を強くさせたわけです。ただ、本人にとってはうれしくはなかったようで、牡馬で勝っていないからそう呼ばれるだけですと述べています。

それでも記憶に残るレースといえば、2005年に中央競馬発足後初の天覧競馬となった天皇賞秋で、牝馬のヘヴンリーロマンスに騎乗し見事1着となったのは彼らしいと言えます。そしてこのレースで印象的だったのは、勝った後にスタンドで観戦する天皇・皇居に向かいヘルメットを胸に抱え、馬上から最敬礼を行ったシーンです。これも立ち振る舞いに華があった松永幹夫氏だからこそ絵になったと評価されています。

その後2006年に調教師免許に合格し、師匠の山本厩舎を引き続くかたちで開業します。2009年に小倉記念のダンスジョイで重賞初制覇、同年秋華賞のレッドディザイアで念願のG1初制覇を成し遂げます。その後も優秀技術調教師のタイトルを獲得するなど期待されています。

有名競馬騎手〜的場均〜

競馬騎手〜的場均の生い立ち〜

北海道を出身地とする的場均は、その生い立ちから馬と深く関わりがありました。的場均の実家は農家でしたが、一方で馬を使った農耕なども手掛けていました。幼少期より馬と触れ合っていた的場は長じて中山競馬場に所属する大久保厩舎に入り、調教師である大久保房松に師事しながら騎手を目指すことになります。大久保房松には多くの名騎手が師事しており、郷原洋行は兄弟子となっています。

競馬騎手〜的場均の活躍〜

1975年に騎手としてデビューするものの、所詮は優勝を得られず11着に終わります。初年度の勝利数こそ12勝にとどまりますが、2年目からは27勝と勝利数を伸ばします。2年目の代表的なレースはスプリングステークスで、的場はこの時ジャンボキングに騎乗しました。さらに3年目、4年目と確実な勝利を重ねることで、全国でも有望なジョッキーとして優勝していきます。

勝利を続けつつもなかなかG1優勝には縁がなかった的場ですが、1989年に皐月賞に出場すると、ドクタスパートと共に優勝を獲得し、これが的場のG1初勝利となりました。勢いに乗って1990年には朝日杯3歳ステークスで勝利しています。

1992年には名馬ライスシャワーのジョッキーを務め、日本ダービー、菊花賞と優秀な成績をおさめます。当時ライスシャワーの評価は引くかったものの、予想に反して的場とライスシャワーは菊花賞では優勝を得て世間を沸かせました。その後、ほかの馬に騎乗してもエリザベス女王杯、朝日杯3歳ステークスと順調な勝利を挙げています。

的場均の最後のレースは2000年に行われたマイルチャンピオンシップでした。引退後は調教師として活躍しています。騎手時代の所属団体はJRA、身長160cm、体重52kgと小柄な体格で、生年月日は1957年3月25日となっています。

有名競馬騎手〜後藤浩輝〜

競馬騎手〜後藤浩輝とは〜

誰もが予想だにせず2015年2月27日に自ら命を絶ってしまった後藤浩輝騎手は、競馬界きってのエンターテイナーとしてバラエティ番組にも数多く出演や、積極的なファンサービスなどで競馬を盛り上げた一人です。

そんな彼を超えるタレント性を持っている騎手は、武豊騎手しか浮かばない現状です。女性騎手としてマスコミからアイドル扱いされた藤田菜七子騎手にしても、デビュー当時に比べると結果を残せていないだけに表に出てくる機会が減っています。

死と隣り合わせという勝負の世界で通算1400勝以上をあげ、なおかつサービス精神がありファンに愛された騎手などいるわけもなく、その存在の大きさは時間が経つにつれて強く感じさせます。

競馬騎手〜後藤浩輝の生い立ち〜

後藤浩輝騎手の簡単なプロフィールを紹介しますと、生年月日は1974年3月19日で、出身地は神奈川県相模原市です。身長は157cm、体重50キロで、所属団体はJRA美浦トレーニングセンターで、フリーという厩舎には所属していない立場です。

競馬騎手〜後藤浩輝の活躍〜

1992年に美穂の伊藤正厩舎からデビューし、JRAで通算1447勝、重賞で53勝、G1で5勝という活躍の一方で、その生い立ちは辛い家庭環境だったと言えます。暴力を振う父親から母親と姉と逃げ出したものの、彼だけ戻りDVを受けながら父親と過ごすなど、つらい過去を背負っていたのです。

2012年5月、9月と立て続けに落馬し重傷を負い、14年4月にも同様の大けがを負います。そのたび不屈の精神でカムバックしましたが、2015年2月21日の落馬で張りつめていたものが切れたという声があります。

競馬騎手〜後藤浩輝の人間性〜

有馬記念で徹夜で並ぶファンにカイロを渡すなど、自らファンサービス委員長と名乗っていた後藤浩輝騎手を失った日本の競馬の損失は大きいです。

有名競馬騎手〜郷原洋行〜

競馬騎手〜郷原洋行とは〜

郷原洋行氏と言えば、古参の競馬ファンならその名を知らぬ者はないでしょう。若い世代は調教師としてその名を記憶している方が多いかも知れません。

競馬騎手〜郷原洋行の生い立ち〜

郷原氏は生年月日1944年1月21日、出身地は鹿児島県で、いわゆる薩摩隼人のイメージ通り『剛腕』と称された伝説の騎手です。どちらかと言えば騎乗スタイルは合理的でスマート、先行抜け出しというリスクの少ない形を好んだと言われていますから『剛腕』というのはその強さに贈られた称号なのでしょう。

所属団体は美浦トレーニングセンター、関東を代表する騎手として当時は『闘将』と称された加賀武見騎手と人気を二分したスーパースターでもありました。デビュー当初の身長・体重など、騎手としてのデータは戦績以外に見つけることはできませんが、彼が卓越したセンスと才能、そして理想的な身体能力の持ち主であることは疑いようがありません。

そんな郷原氏の生い立ちを見てみると、農家の次男坊として生まれ、幼い頃から農耕馬などを通じて馬に慣れ親しんでいたことがわかります。中学時代には競馬の騎手を志していたと言いますから、やはりその天性の才能を神は見逃さなかったということなのかも知れません。

当時の予想屋の間では、関東の双璧騎手である郷原氏と加賀氏の激しいライバル関係を表すのに「加賀と郷原が同じレースで逃げ馬に乗っていたら、競り合って潰れるから馬券は買うな」などという格言があったとするエピソードもあります。「競馬は男のロマン」という概念が誕生した第一次競馬ブームを想起させる熱いエピソードですね。

競馬騎手〜郷原洋行の活躍〜

ともあれ、騎手としての郷原氏は重賞で83勝、G1では10勝を挙げ、通算1500勝を達成してステッキを置きました。現役時は日本騎手クラブの会長を務め、1992年には日本プロスポーツ大賞功労賞を受賞するなど輝かしい功績を数多く残しています。
間違いなく、競馬黎明期を支えた功労者の一人と言えるでしょう。

有名競馬騎手〜四位洋文〜

競馬騎手〜四位洋文の生い立ち〜

四位洋文騎手は、生年月日1972年11月30日生まれで出身地は鹿児島県です。身長160cmで体重50kgとなっています。現在も栗東所属のジョッキーとして活躍している騎手の一人です。

所属団体は日本中央競馬会で、日本ダービーを連覇したことでも有名なジョッキーです。日本ダービーではディープスカイとウオッカでの勝利があり、牡馬と牝馬両方での日本ダービー制覇は史上初の快挙となっています。

四位洋文騎手の生い立ちとして、小学校から乗馬を始めて全国でもトップレベルの乗馬技術を持っていたと言う点が挙げられます。競馬学校に入学した時点で既に乗馬技術には定評があり、成績も優秀な生徒でした。

デビュー時にも注目を集めており、騎乗技術などの面で評判も高い騎手でした。数年間は目立った成績ではありませんでしたが、徐々に頭角を現してきたジョッキーです。

競馬騎手〜四位洋文の活躍〜

1994年の桜花賞トライアルで重賞競走を初制覇し、1996年にはイシノサンデーで皐月賞を勝ち、G1競走も制覇しています。その後日本ダービーや菊花賞も制覇しているため、牡馬クラシック三冠を制覇しています。

同年にはエリザベス女王杯をダンスパートナーで勝利するなど、活躍の幅が広がっていきます。この頃にはリーディング上位にも名前があがるようになっており、トップジョッキーとして高い評価を得ています。
その後も躍進を続け、数々のG1競争を勝利しています。

2001年には香港カップをアグネスデジタルで制覇するなど、海外や地方交流競走などでの実績も高いジョッキーです。
2006年にはJRA通算勝利数も1000勝を超えています。
競馬予想の面からも重要度の高いジョッキーとなっており、現在もコンスタントな活躍を見せています。

有名競馬騎手〜南井克巳〜

競馬騎手〜南井克巳とは〜

南井克巳は、日本中央競馬会の調教師手です。調教師になる前は騎手として大活躍していました。

競馬騎手〜南井克巳の所属団体と生い立ち〜

所属団体は日本中央競馬会で、出身地は生まれが京都府で、愛知県で育ちました。生年月日は1953年1月17日で、身長158センチ、体重は52キロです。騎手時代の騎乗は、「まくり」を得意としていました。腕の力が強く、ダート戦などでは3コーナーを過ぎてから馬を外に持ち出し、4コーナーに入るあたりでは先頭集団を捕まえるという積極的な騎乗が目立ったジョッキーでした。

積極的な騎乗が好きだったファンは多く、見せ場を作る騎乗法は、仮に馬券が外れても納得するという声もよく聞かれました。彼の生い立ちとしては、京都府で生まれた後に愛知県で育ち、地元の刈谷市の万燈祭りで見た古式競馬に惹かれて騎手に憧れたと言われています。

そして中学校卒業後に愛知県豊明市にあった中京競馬場の厩舎に通い、工藤嘉見調教師に声をかけられて日本中央競馬会馬事公苑の長期騎手課程を受講し、1970年に騎手見習いとして入門しました。

競馬騎手〜南井克巳の活躍〜

彼の騎乗したG1レースで多くのファンが記憶しているのが、昭和の終わりから平成にかけて手綱をとったオグリキャップのレースです。

特に1989年のマイルチャンピオンシップでバンブーメモリーと争ったハナ差の勝利は、多くのファンが感動しました。常に勝つだろうという予想をされて騎乗するプレッシャーは相当なものだったと思われますが、南井克巳は持ち前の根性と巧みな騎乗技術でファンの期待に何度もこたえてきました。また、1994年にはナリタブライアンに騎乗し、皐月賞、ダービー、菊花賞のクラシックレースをすべて制覇するという偉業も成し遂げました。

有名競馬騎手〜田中勝春〜

競馬騎手〜田中勝春の生い立ち〜

田中勝春は生年月日1971年2月25日の身長154.5cm体重48kg出身地が北海道、所属団体は日本中央競馬会 (JRA) の騎手です。

馬産地でもある北海道の現ひだか町に生まれたこともあって、また実家も生産牧場を営んでいるという生い立ちもあり幼少の頃から馬に慣れ親しんでいました。

競馬騎手〜田中勝春の活躍〜

それがきっかけで騎手としてデビューをすることになり、一年目こそ5勝に終わりましたがそれからはすぐに実力を発揮することになり2年目からは毎年40勝以上の勝利を上げるほどの腕前を持っています。
東京競馬場や新潟競馬場のような左回りの長い直線のあるコースを得意としていて、好成績を残しています。

安定してリーディングの上位に食い込むだけの実力を持っている騎手ではありますが、なぜかGIを勝つことができない騎手でありGI100連敗という不名誉な記録を残してしまいました。

2005年の12月21日には交流重賞ではありますが、全日本2歳優駿で優勝をして13年ぶりのGI勝利をおさめましたが中央競馬のGIではその後もまだ連敗は続くことになりました。

そして、2007年にヴィクトリーで皐月賞に騎乗をすると実に15年ぶりの中央競馬GI勝利を果たしたのです。
これだけ連敗が続いた理由としては他の騎手と比較をして、GIで勝負になる馬が少なかったということもあり1番人気の馬に乗る機会は連敗中に2回しかなく2番人気ですら4回しかなかったのです。

皐月賞を勝利したヴィクトリーにしても、単勝人気7番人気ということもあり多くの人が勝利を予想していない中の久々のGI勝利である意味田中勝春らしい勝利となりました。
GIこそ勝ってはいませんが、それ以外の重賞では優秀な成績をおさめ一流騎手の一人であることは間違いありません。

有名競馬騎手〜柴田政人〜

競馬騎手〜柴田政人とは〜

日本中央競馬会を所属団体とし、騎手として活躍した柴田政人は、青森県を出身地として馬産農家に生まれました。

競馬騎手〜柴田政人の生い立ち〜

生年月日は1948年8月19日となっています。実家は馬産の農家としてもともと馬と深い繋がりがあり、柴田は子供時代から馬に親しんで過ごしました。家族にも馬に関連する職業に就く者が多く、叔父や兄も騎手として活躍しています。身長155cm、体重は51kgで、生い立ちに加えて体格もまた騎手に向いたものでした。

競馬騎手〜柴田政人の活躍〜

中山競馬場の高松三太の元で数年間の修行を積んだ後、1967年に柴田正人はデビュー戦を果たします。デビュー後から着実に勝利を重ねながら、4年目にアローエクスプレスに騎乗し、京王杯にて勝利を獲得しました。アローエクスプレスはのちに啓衆社賞最優秀3歳牡馬なども受賞した名馬で、これが柴田の重賞初勝利となっています。

1971年には全国ランキングに入ったものの、勝利数は同年、翌年ともに落ち込んでしまいます。これに奮起してリーディングジョッキーとなると、1980年には秋の天皇賞で伝説となる名勝負に勝ち、観客の予想に反してプリテイキャストと共に優勝を得ました。その後も天皇賞の連覇、ジャパンカップの勝利など、華やかな経歴を築いています。

競馬騎手〜柴田政人の引退後〜

多くの勝負を制した柴田政人は、1991年になると通算1万回の騎乗を達成し、日本騎手クラブの会長職も勤めます。しかし1994年の落馬事故で重傷を負い、リハビリを経たのちに引退が発表されました。特別模範騎手賞およびユネスコ日本フェアプレー賞実行賞などを受賞した名騎手として、その引退が惜しまれましたが、引退後には調教師として活躍しており、オンワードモンローなどの調教を行っています。