有名競馬騎手〜田中勝春〜

競馬騎手〜田中勝春の生い立ち〜

田中勝春は生年月日1971年2月25日の身長154.5cm体重48kg出身地が北海道、所属団体は日本中央競馬会 (JRA) の騎手です。

馬産地でもある北海道の現ひだか町に生まれたこともあって、また実家も生産牧場を営んでいるという生い立ちもあり幼少の頃から馬に慣れ親しんでいました。

競馬騎手〜田中勝春の活躍〜

それがきっかけで騎手としてデビューをすることになり、一年目こそ5勝に終わりましたがそれからはすぐに実力を発揮することになり2年目からは毎年40勝以上の勝利を上げるほどの腕前を持っています。
東京競馬場や新潟競馬場のような左回りの長い直線のあるコースを得意としていて、好成績を残しています。

安定してリーディングの上位に食い込むだけの実力を持っている騎手ではありますが、なぜかGIを勝つことができない騎手でありGI100連敗という不名誉な記録を残してしまいました。

2005年の12月21日には交流重賞ではありますが、全日本2歳優駿で優勝をして13年ぶりのGI勝利をおさめましたが中央競馬のGIではその後もまだ連敗は続くことになりました。

そして、2007年にヴィクトリーで皐月賞に騎乗をすると実に15年ぶりの中央競馬GI勝利を果たしたのです。
これだけ連敗が続いた理由としては他の騎手と比較をして、GIで勝負になる馬が少なかったということもあり1番人気の馬に乗る機会は連敗中に2回しかなく2番人気ですら4回しかなかったのです。

皐月賞を勝利したヴィクトリーにしても、単勝人気7番人気ということもあり多くの人が勝利を予想していない中の久々のGI勝利である意味田中勝春らしい勝利となりました。
GIこそ勝ってはいませんが、それ以外の重賞では優秀な成績をおさめ一流騎手の一人であることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です