有名競馬騎手〜岩田康誠〜

競馬騎手〜岩田康誠とは〜

岩田康誠騎手は、現在の所属団体はJRAですが以前は園田競馬場でジョッキーをしていたことでも有名です。

競馬騎手〜岩田康誠の生い立ち〜

出身地は兵庫県の姫路市で、生年月日は1974年3月12日です。
身長160cm、体重50kgの体格です。
彼の生い立ちを語る上で、園田競馬での成績を外すことはできません。

競馬騎手〜岩田康誠の活躍〜

2000年には初めてリーディングジョッキーとなり、その後何度も園田のトップとしてリーディングに輝いていました。JRAへ移籍するまでの間、地方競馬では2941勝と言う戦績を残しています。地方所属時代である2004年にはデルタブルースでJRAの菊花賞を制覇するなどの経歴も持っています。地方所属騎手がJRAのG1競走を勝利したのはこれが初めてのことです。

2006年にはJRAへの移籍を果たし、その後も地方時代と同様の活躍を見せています。当時はJRA移籍に当たってペーパーテストが免除される特例があり、彼もその特例を利用して移籍をしています。

競馬騎手〜岩田康誠の現在〜

現在もトップジョッキーの一員として、リーディング上位の成績を残しています。
ジェンティルドンナやロードカナロアなどの主戦ジョッキーとしても有名であり、その他にも数々の名馬に跨ってきました。

JRA移籍を果たした2006年にはオーストラリアのメルボルンカップへ出走し、勝利しています。メルボルンカップの日本馬の初勝利を飾っています。

また2012年にはダービーでディープブリランテを勝利に導き、ダービージョッキーとしての称号も得ています。

競馬予想の上でも欠かすことができない人物ですが、好不調の波が激しいことが特徴として挙げられます。元地方ジョッキーであるが故にダートのイメージも強くある騎手ですが、芝ダートを問わず好走歴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です