有名競馬騎手〜加賀武見〜

競馬騎手〜加賀武見とは〜

加賀武見は生年月日1937年9月8日の出身地が青森県、所属団体は日本中央競馬会 (JRA)の騎手でした。馬産地でもある青森県に生まれたことから、騎手を目指すことになりましたが一度は断念して青森牧場で勤務をしていました。

しかし、馬に慣れ親しんだ生い立ちから再度厩舎に入り1960年にデビューをすることになったのです。

競馬騎手〜加賀武見の活躍〜

23歳での新人としてのデビューは当時としても遅いものでしたが、新人ながら58勝を挙げる好スタートを切りました。

身長や体重は騎手として平均的なものでしたが、闘将と呼ばれるように勝利に対する執念は他の騎手を圧倒していてとにかく勝ちに行く姿勢が魅力の騎手だったのです。

この勝ちに行く姿勢がはっきりと現れたのが、第10回の有馬記念のことであり伝説的な名馬であるシンザンをどのようにして打ち倒すか考えた結果、馬場の悪い内側を通らせることを思いついたのです。

そして、シンザンに合わせて外の進路を塞いだのですがシンザンは更に外に行き外ラチ一杯まで膨らむこととなったのです。
加賀の作戦は上手く行きませんでしたが、並の馬であれば外ラチ一杯まで追いやられてしまえば直線の短い中山では万事休すといったところですが、シンザンはそれを物ともせずに勝利をおさめることになりました。

これは誰もが予想しないレース展開であり、闘将である加賀武見と最強の名をほしいままにしていたシンザンと意地と意地とのぶつかり合いとなっていて加賀武見の象徴的なエピソードのひとつとなっています。

このように負けたレースであっても勝利に対する執念から名前を残しているのが加賀武見であり、日本の競馬試乗に置いても非常に重要性の高い騎手の一人となっています。

このようにたくさんの騎手が活躍する競馬ですが、競馬予想をする上で馬と騎手の関係性を知っておくことは大変重要な項目になってきます。初心者の方はこの関係性をつかめずに多くの方が負けていると言っても過言ではありません、そんな時、役に立つ競馬予想サイトの評価は重要になってきます。私のオススメの競馬予想サイト評価も参考の一つにしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です